投資の知識をキャッシュフローゲームで身に付ける【遊んで学ぶ】 | 投資マンションに投資をして定期収入を|目指せ不労所得

投資の知識をキャッシュフローゲームで身に付ける【遊んで学ぶ】

握手を交わす

キャッシュフローゲームの遊び方

投資の知識を身に付ける方法として、様々な経済情報誌を読んで知識を身に付ける方法や、最近ではFXのような外国証拠金取引のデモ取引を利用して架空の取引を行い実際に投資をした際の収益や損失を体感してみるという方法があります。キャッシュフローゲームも架空の取引を通じ楽しみながら投資に関する知識を身につけられるボードゲームで、アメリカ出身のロバート・キヨサキが執筆した「金持ち父さん貧乏父さん」の中で紹介されているゲームです。キャッシュフローゲームには三種類の難易度があり、実際にキャッシュフローゲームを購入して遊ぶ方法のほか、各地域に同好会のキャッシュフローゲーム会があり、それらの会に参加して遊ぶこともできます。

楽しみながらお金の知識を身に付けられるボードゲーム

キャッシュフローゲームはモノポリーや人生ゲームなどの他のボードゲームのように、サイコロを振って出た目の数だけ進んでいき、止まったマスのイベントを通じ自分の保有する架空の現金や有価証券、不動産などの取引を行います。 このゲームをクリアする条件として、不労所得のみで生活できる状態になることがありますが、このクリア条件を目指すうえで、お金に関する正しい知識と投資についての基礎知識が身に付きます。ボードゲームなので、勉強とは違い楽しみながら架空の取引を通じて自然にお金に関する知識や投資にかかる知識が身につく点が多くの人から高い評価を得ています。また、キャッシュフローゲームには英語のバージョンもあるため、ゲームを通じて英語を勉強したい方にも良い教材となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加