マンションやアパートの投資価値【明暗を分ける時代】 | 投資マンションに投資をして定期収入を|目指せ不労所得

マンションやアパートの投資価値【明暗を分ける時代】

タッチパネル

値ごろ感が出てきているのが現在の状況

2005年あたりまで、首都圏では大量の新築アパート、マンションが供給されました。しかし、最近はその半分くらいといわれています。建設中に売り切ることができず、完成済みの在庫も増加しています。投資物件用のアパートもやや過剰気味と考えていいでしょう。その理由は、物件の価格がまだまだ下落するのではという見方があり、購入者が買い時を見極められていないからのようです。つまり、模様眺めの状態なのです。それだけに投資物件としてのアパートを購入するにはそれほど難しくない状況だといえます。ただ、値ごろ感はあるにしても、安易に買ってもさっぱり入居者が現れず、投資物件としてはふさわしくないものに手を出してしまってはいけません。

投資物件用アパート、新築のメリット

投資物件としてのアパートを買うにしても、「新築か中古か」という問題があります。どちらにするかによって、物件の探し方やチェックのしかたなどが大きく変わってきます。 新築のメリットは、やはり新しいこと、これが一番です。日本人は新し物好きなので、新築のピカピカの部屋を見るとつい欲しくなってしまうようです。また、住宅価格が下がっている現況では、駅の近くや都心から離れていない場所にある今後値上がりしそうな投資物件にも手が届きやすいでしょう。新築は建物が傷んでいませんから、修繕費用も当初はかからないので維持管理がしやすいです。さらに、住宅ローンの返済期間を長く組めるので、入居者が埋まれば、毎月の返済もかなり楽になるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加