ローンに気をつけて投資を行なう【果たすべきローン】 | 投資マンションに投資をして定期収入を|目指せ不労所得

ローンに気をつけて投資を行なう【果たすべきローン】

ペンで書く手元

ローンに振り回されない時期を目指そう

中古ワンルームマンションで不動産投資をして資産を殖やしたいのであれば、負債を上手くコントロールできるようになりましょう。つまりローンを上手に活用するのです。中古ワンルームマンションであれ、1棟アパートであれ、個人において資産運用でローンを組むことができる投資商品は不動産投資しかありません。このメリットを最大限活用しましょう。ローンを組むことができれば、レバレッジを効かせることができるため、自分の手元資金だけで運用する以上の収益を獲得することができます。ローンを上手く活用するためには、ローンに振り回される時期から早く脱出しなければなりません。中古ワンルームマンションで不動産投資をする場合、これは2戸目を完済した時期になります。

金融機関から提案をしてくる時期があります

3戸目の中古ワンルームマンションを購入できる時期くらいになると、ローンの申し込みをお願いしなくても、金融機関の方からローンの提案を受けるようになります。このような状況になれば、資金調達がとても楽になり、自分が買いたい物件を買えるようになっていきます。また、2戸同時に購入することができたりもします。ローンは常に少なくとも3割程度を占めるようにしておきましょう。しばしば現金で中古ワンルームマンションを購入してしまう人がいますが、現金はなるべく手元に置いておきましょう。なぜならば、不動産投資に限らず、資産運用において経済環境の変化にすぐに対応できるように流動性を確保しておくことはとても重要だからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加